2016年11月1日火曜日

Y!mobileのデータSIMプランはMVNOユーザーのSKE48 Mail(モバメ)受信に最適なサービス

かねてから問題になっていた、MVNOユーザーのモバメ受信問題。
以前は、iCloudメール(@icloud.com)で受信することが可能であったが、現時点では新規登録ができない状況にある。
このため、多くの人はわざわざガラケーを契約するなどして、モバメを受信するようにしているが、これは非常に非効率的である。

さて、ソフトバンク傘下のY!mobile(ワイモバイル)は、今年半ばになって「データSIMプラン」という新プランを展開している。

データSIMプランの説明(クリックで拡大)

このプランは一見、MVNO各社が展開しているサービスと比べると、メリットがないように見えるが、実は以下のような特徴を持つ。

データSIMプランで利用できるオプションサービス

ここで重要なのは、MMS・Y!mobileメール、そしてソフトバンクまとめて支払いである。
少々ややこしいが、ここでいうMMSとは、「@ymobile.ne.jp」のメールアドレスが付与されることである。
そして、 Y!mobileメールとは、Yahoo!メールにおいて、既存の「@yahoo.co.jp」のアドレスに加え、「@yahoo.ne.jp」のメールアドレスが付与されることを意味する。

そこで、SKE48 MailのFAQを参照してみる。

SKE48 Mail FAQ(よくある質問)の該当部分

画像にあるように、上述の2つのアドレスはいずれも登録可能ドメインに列挙されている。
このため、このプランを使えば、モバメの受信は可能になる。

また、ソフトバンクまとめて支払いが利用可能であるため、受信メンバー途中変更可能の月額プラン(キャリア決済のみ対応)に入会することが可能である。
さらに、総選挙の投票においても、キャリア決済に対応しているため、各姉妹グループのモバイルサイト及びモバイルメールに入会することができる。
My Softbank ID認証に対応しているため、キャリア認証が必要であるLINEの年齢認証サービスにも対応している。

なお、キャリア決済の初回利用時にはSMSによる認証が必要であるため、対応端末(SIMフリー端末、Y!mobileから発売されたiPhone 5s以外の端末)の利用が必要である。
端末からはメッセージアプリ(SMS/MMS)またはハングアウトの利用が可能であるが、HTMLメールによく対応できていないため、Y!mobileが提供しているメールアプリ(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.ymobile.mail)を利用するのが確実である。
ちなみに、もし対応端末を所持していない場合でも、Y!mobileメール(@yahoo.ne.jp)を利用することには差し支えない。
両者の区別は、MMSの場合はSMSプッシュ通知(メールが届いたら即時に端末で受信される)に対応しており、Y!mobileメールは対応していない(ネットに接続しておけばYahooメールアプリから設定可能であるが、電力消費が多い)。

利用料金については、Yahooプレミアム会員であれば、税抜き500円で利用できる(980円-480円、別途Yahooプレミアム会員費が462円)。
また、「Enjoyパック」(月額500円)に加入すれば、Yahooプレミアム会員費が掛からないに加え、500MBパケット追加(500円相当)1回分が無料になるため、非常にお得である。

契約後既に数ヶ月使用しているが、MVNOにありがちな昼時間帯の速度低下問題も発生していないので、かなりお得であると言える。
しかも実質月額540円(税込)で利用できるため、MVNOに移ったあとにこれらの問題に悩まされている方は、ぜひ試して頂きたい。

なお、申込方法については、http://smartphone.yahoo.co.jp/ymobile/sim/ を参照すれば良い。
注意点は、SIMスターターキットの購入には3240円が必要になるほか、初回設定時はクレジットカードの登録が必要である。

2016年6月19日日曜日

今考えたことを思ったままに綴った

1.杏実ちゃんがランクインできて、とても良かった。嬉しくて飛び上がるほどだった。
2.なっきぃがランクインできて良かった。しかし、残念ながら順位を落としてしまった。かなりの力を杏実ちゃんに投じたのであまり支援できず、申し訳なく思う。来年があれば、来年こそは何とかしたい。選抜に入る宣言があっただけに、何とか支えてあげたい。
3.7期、そしてD2は来年からが正念場。
4.12時から15時のコンサートは9千円を出すだけの価値がない。投票権付きと考えても半額以下。
5.各店のアピールタイムはSKEの一人勝ち。みきてぃの工夫もあって、コンからアピールまで随所に工夫が施されていて高まった。
6.研究生の「君好き」は今研究生が一番多いSKEがかなり映った。あいなちゃんも抜かれていた。
7.SKEにとっての総選挙の結果は、数字だけを見れば悪くないが、今の限界を物語るものでもある。
8.1年半もの間、新しい地上波冠番組が無い今、60数名のメンバーが3分のあいちテルを分かち合う状況は見るに堪えない。そのあいちテルですら今は毎週ある訳ではない。
9.夜のゼロポジでは先日のナガオカスクランブルの完全版が放送された。永岡氏が語ったことは何も新しいことではないが、AKSはまだこれを無視し続けるのだろうか。
10.いくらメンバーが頑張っても、スタッフが足を引っ張る状態では上に行けない。
11.各所がSKEを使いたくても使えない状況を作り出しているのは今のAKSである。
12.中部地方のテレビ欄を見れば、ボイメンが出る番組は増える一方で、SKEは1週間に1つあれば既におめでたレベル。スイッチも一時期レギュラー扱いなのに今は時々スペシャルゲストで出る程度。
13.先日湯浅支配人と握手会で話した時ははっきりと今のAKSは金がないと言っていた。ではなぜ「HKT48のおでかけ」は何クールも継続出来ているのだろうか。
14.LINE LIVEで新番組を作る云々の話は早くも3ヶ月経っているが全く音沙汰ない。
15.個々のメンバーレベルで考えると、伸び悩んだメンバーが目立った。
16.第1党の店には新公演プレゼントというが、ランクインメンバーだけでやると聞くと全く魅力を感じなくなった。
17.東スポさんの記事ではスタッフが「乃木坂や何とか坂があるので東京の枠は望めない」云々言い出した話が乗っているが、これはおかしい。坂道シリーズは都合のいいところだけリソースを吸い取るのをやめろ。
18.本店個別への参勤交代はいい加減やめろ。SKEの個別でもサイン会などの企画をやればいい。スタッフに対しては1枚につき10秒を保障するよう周知すべき。
19.アルバムはどこに行った?
20.全国ツアーはどこに行った?
21.地方行脚はどこに行った?
22.リオン・りさこ・まきこ・アルパカがランクインできず、大変残念。
23.エイベックスは劇場盤の売り方を改善すべき。抽選受付の期間があまりにも短すぎる。昨年はユニットシングルで選ばれていないメンバーは個握に参加しないという意味不明な売り方もあって、名古屋での個別握手会が最長で10ヶ月近くなかったメンバーもある。一体なぜなのか。
24.珠理奈が3位にランクインできた。これも嬉しさのあまりに飛び跳ねたが、上の票数を考えると喜べない気持ちにもなってきた。
25.頑張ろう。

2016年5月24日火曜日

SKE48 Mobile・SKE48 Mailに対する要望文

以下の通り要望を送信したので、公開しておく。

1. SKE48 Mobile宛
いつもお世話になっております。
SKE48 Mobileについて、以下のとおりお伺いします。

・会員証のデザインについて
現行の会員証デザインは、2014年の「未来とは」のアー写がベースになっています。2年以上更新されておらず、既に卒業されているメンバーが半数近くに達しています。
シングルをリリースするときにあわせて、新しいものを作るべきではないでしょうか。

・ステージ制について
以前まで、プラチナステージに昇格するには、ゴールドから2年維持しなければならないと記憶していますが、現在サイト上の文言では1年になっています(「こちらはGOLD STAGEから1年間継続されているお客様のための限定ページです」)。誤植であれば修正をお願いします。
また、現在ステージに応じた特典はほとんど提供されてなく、継続するメリットが全く見当たりません。既にプラチナに昇格している会員も大勢いるかと思いますが、新しいステージの創設、そして特典の充実(例:抽選券、ポイントなどの定期付与)などご検討願います。

以上、ご検討・ご回答の程よろしくお願いします。



2. SKE48 Mail宛
いつもお世話になっております。
昨日、「iCloud.comドメインへの配信を停止する」旨の告知メールを受信しました。
この件について、以下のとおり要望します。

・事情の経緯
近年、「格安SIM」と呼ばれるMVNOサービスの提供が活発化しており、今ではこれを利用するユーザーが大勢存在します。また、海外在住の方についてもメールの受信を希望する方が多くあります。
しかし、当サイトについては、現時点で大手キャリア(NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク(ワイモバイル含む))のメールアドレス以外の登録を認めていません。
総務省がMVNOの活性化政策を打ち出している今、このような制限を設けることは、もはや時代遅れであると言わざるを得ません。
この状況において、iCloud.comのメールについては、公式にサポートされているわけではありませんが、昨年頃から登録自体は可能であり、今年度のシステム更新で「Gmail、iCloud他、独自ドメインなどのメールアドレスは登録できません」と明示されるまで正常に登録・受信することが可能でした。

・キャリアメールのみ認めることの理由とその効果
従来、キャリアメールのみ許可することはメールの無断転載防止が最大の理由とされてきました。
しかし、現在では各社ともにメールサービスの外部アクセスを開放し、クラウド化を進めています。例えば、NTTドコモの「ドコモメール」は、IMAPによる接続を提供しており、一般のメールクライアントによる送受信が可能になっています。KDDIの「Eメール」は、SMTP・IMAPによるアクセスを提供しており、Gmailなどによる代理受信も可能です。
このように、キャリアメールのみ認めることによるメリットは既にありません。

・規制は強化ではなく緩和を
上述のとおり、今ではその効果が見当たらない以上、この規制を維持・強化する理由はもはや存在せず、段階的に緩和されるべきです。
緩和によって、今まで登録ができなかった方についてもそれが可能になり、結果的に課金ユーザー数の増加に繋がるのではないかと思います。
以上、何卒ご検討いただきますよう、お願い申し上げます。



直ちに改善されることは期待しないが、今後に向けて何らかの効果があるよう願う。

(11:00追記:両方とも定型文の回答が返ってきた)

2014年5月10日土曜日

あの頃の本気を思い出そう もう一度

古いファイルなどを整理していたら、2012年4月のガイシコンのニュース映像が見つかった。

日本上陸後初のSKE現場だった。

あの頃の熱気は、一生忘れることができないと思う。

あの頃のSKEは、誰もが上昇軌道まっしぐらであると思った。

2012年の年末、「紅白初出場」の前に襲いかかった「大量卒業」の暗闇。

そして、今に至る卒業ラッシュ。

昨年から今、SKEはどれほど戦力を失ったのだろうか。数える勇気すらない。

私も全くとは言えないが、かなり熱度が下がってしまった。

今は、ただ継続する勇気を見つけたい。

そう、「あの頃の本気を思い出そう もう一度」 。

2014年4月18日金曜日

NTTぷららを使っている場合、月額無料のIP電話を契約するだけで108円お得になる

ぷららを使っている場合、無料オプションとして「ぷららフォン for フレッツ」が利用できます。
これを契約すると、毎月の利用料金から100円(税込108円)割引されるようになっています。
制限として、「3ヶ月に少なくとも一回」発信しなければならないのですが、固定電話にでもかければ、継続できます。

「光メイト with フレッツ光」を例にすると、

・通常の利用料は月額 972円。
・IP電話を契約すると、「ぷらら光 ・IP電話メイト with フレッツ光」のプランに切り替える。
・毎月の利用料金は、972円-108円=864円になる。

1年間継続で1080円の得になります。

なお、「ぷららフォン for フレッツ」は普通のIP電話なので、Android / iPhoneなどのSIPクライアントを使えば簡単に利用できます。レンタル機器は必要ありません。

2014年4月7日月曜日

Yahoo! BB フレッツコース 申し込みの「素晴らしき」体験

4月1日付で「Yahoo! BB フレッツコース」をWebで申し込んだ。

4日になっても連絡がないので、申し込み窓口に電話した。

Jiagm(以下Jia)「どうなっているのでしょうか」
Yahoo!BBオペレーター(以下オペ)「既に申込み手続きは完成しており、週末には接続IDなどが記載されたSMSを送信させていただきます」

週末。何の音沙汰もない。
7日、再度上記窓口に電話した。

Jia「週末もう過ぎてるけど」
オペ「当窓口では対応致しかねますのでカスサポに(ry」
Jia「電話番号教えて」
オペ「携帯電話からは098ー(ry」
Jia「フリーダイヤルじゃないのかよ」
オペ「すみません。固定電話からはフリーダイヤル0120-(ry」

帰宅後、フリーダイヤルの方に電話。

自動音声「契約者電話番号」「要件は(ry」など詳細に聞かれる。待ち時間5分弱で繋がった。
Jia「週末もう過ぎてるけど」
オペ「調べましたがSMSの発送が止まっている状態です」
Jia「…はあ」
オペ「再発送・携帯メルアドに発送もできます」
Jia「じゃあ両方お願い。なぜこうなったの?」
オペ(2分後)「調べましたが詳細なる原因は分からなかった」
Jia「はあ。ついでに、光BBユニットはいつ届くの?」
オペ「契約情報によるとお客さんは光BBユニット契約してないが」
Jia「」

この時点で怒りがこみ上げてきた。

Jia「だからさあ、HPから申し込むともれなく光BBユニットがくっついてくるが」
オペ「お調べします」

5分後、

オペ「調べましたが、チェックボックスを外した可能性があります」
Jia「」

言葉を失った。
と言っても、こちらが例の「チェックボックス」だ。


ご覧のとおり、「いずれかをお選びいただく必要があります」と書かれている。
下の「チェックボックス」とは名ばかりのもので、実は一方を外すと、もう一方のチェックが入るようになっている。
当然ながら、上の方を選んだ。

で、Yahoo!BBのオペレーターは平気で「外した」と言う。

一体、何の冗談だったのか。

--

4月8日 追記:その後、虚偽回答は再度行われた(「ホワイト光電話を選択し、かつIPv4プランを選択した」云々。実際には、こういった選択肢は存在しない)。更に、こちらには全く落ち度がないにも関わらず、「一旦キャンセルして、再度新規申し込みが必要」と言い出した。
この件について、「お客様窓口」に苦情を入れたが、「上申する」としか言わない。改善状況については「個別に回答できない」とのこと。この会社は既に腐りきっている。

2014年3月16日日曜日

ドコモのフォトパネル契約にも預託金扱いが存在?(24日追記:ますます混沌)

24日追記:結局改めて名古屋市某所で契約したところ、あっさり通った。ますます混沌。

---

金曜日に名駅LABI(LABI NAGOYA)でフォトパネル06を契約しようとした。

書類を書き終わり、上階のパソコン売り場でブラブラして約1時間。ようやく電話が来た。

LABI ドコモ担当者様(以下ドコモ)「Jiagmさんでしょうか。残念ですがフォトパネルをご用意できませんでした。」

私「え、なぜですか?」

ドコモ「預託金5万円が必要だそうです。ドコモショップ以外対応不可なので、当店での契約は残念ながらできない状態です。」

私「…はあ。」
確かに、その前日はとあるショップで3回線PIしたばかりだけど。(PI後は音声回線4のうち1年2ヶ月の回線が1つ)

それにそもそもフォトパネルは音声回線じゃないのに、なぜ預託金扱いになるのだろう。

近所のドコモショップで聞いてみるか。答えてくれるか概ね疑問だけど。